<   2011年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Yoko Ono-The message from Fukusima

Yoko Ono-The message from Fukusima,Japan






john lennon,don't be crazy





John Lennon - Help Me to Help Myself





YOKO ONO PASSAGE FOR LIGHT
オノ・ヨーコ 光の道






Yoko song /John loved the Japan




Blog/ YOKO ONO/en japonais

http://www.dreampower-jp.com/index.html

[PR]

by lamteramoto | 2011-10-31 08:13 | Image Amour Musique

"STOP Spreading Contaminated Rubble all over JAPAN!" letter project

"STOP Spreading Contaminated Rubble all over JAPAN!" letter project



FACT 1 : Radioactive debris is ready to be shipped all over Japan.

FACT 2 :1,000 tons of contaminated rubble will be brought to Tokyo by train at the end of October, 2011. It will be BURNED and DUMPED into TOKYO BAY.

事実その1:汚染がれきが日本中に運ばれようとしています。

事実その2:東京に1、000tの汚染がれきが10月下旬、電車で運ばれてきます。汚染がれきは焼却処分の後、東京湾の埋め立てに使われます。

STOP le trafic et les débris de matières radioactives en provenance du Japon.

Fait 1: une énorme quantité de débris radioactifs est prêt à être expédié dans tout le Japon.

FAIT 2: 1 000 tonnes de débris contaminés seront transférés à Tokyo par le train à la fin de Octobre, 2011. Seront incinérés ou jetés dans la baie de Tokyo.

STOP AI TRAFFICI DI DETRITI E MATERIALE RADIOATTIVO IN e dal GIAPPONE.

FATTO 1: un enorme quantitativo di detriti radioattivi è pronto per essere spedito in tutto il Giappone.

FATTO 2: 1.000 tonnellate di macerie contaminate saranno trasferite a Tokyo via treno alla fine di ottobre, 2011. Saranno inceneriti o gettati nella baia di Tokyo.


→www.stopdammit.org

お詫び/署名先のアドwww.stopdammit.orgが間違っていました。こちらにどうぞ。
***************************************************************

関係者各位へ


私達は、 原発震災にはじまる被害、日本政府の怠慢によるさらなる被害を危惧する全国の何千人もの母親たちを支援する事を、ここに声明いたします。政府の怠慢は、津波による破滅的な影響をさらに悪化させ、人々の放射能被曝に繋がると私たちは危惧しています。 福島第一原子力発電所の第1、2、3、4号機からは今もなお、放射能が漏れており、何百万もの人々がガンの発症率を高めるというシナリオは容易に想像できます。 声明文の目的:人類に襲いかかるリスクを最小限に押さえるためには、被曝を最小限に押さえること。これをしないのは犯罪です。我々署名者は、福島原発周辺、影響を受けた地域の放射能に汚染された危険な瓦礫は、汚染地域に残すべきだと強く主張します。未だ収束の見えない原子炉の問題解決に全努力を投入すべきです。また、福島原発周辺の住民は、3.11の震災前の被曝許容線量の基準に従って、放射能汚染地域から避難させるべきです。 日本政府により引き上げられた 被曝許容線量基準値は、震災前の基準値に戻すべきす。 今日、日本政府は、 福島県産の食品を食べるイベントを 公に開催し愛国心を強調し、食品と瓦礫における放射線量基準値をひき上げることで組織的に放射性物質を日本中に広げています。例えば食品は(暫定基準値の 500 bq/kg以下であれば)499 bq/kgであったとしても何の表示もなしに合法的に流通する事が許されます。同様に、政府は瓦礫における許容基準値を2度にわたり引き上げ、被災地の瓦礫を日本各地に運び、焼却し、東京湾を始めとする海に埋め立て、又は廃棄する予定です。このような政府のおろかな行為は直ちに止めなければいけません。さもなければ、この度の悲惨で破滅的な事故が、歴史的な国際環境汚染に発展してしまいます。 日本政府の環境省によると、3月の震災により、被災した岩手県、宮城県、福島県の沿岸地域には推定2380万トンの瓦礫があるそうです。この瓦礫が被災地復興に立ちはだかる深刻な問題の一つです。 大量の瓦礫があちこちに山積みになっている上に 、その瓦礫の多くには放射能が付着しているのです。 東京都は岩手県からの1000トンの瓦礫受け入れを正式に表明しました。これらの瓦礫は、2011年10月下旬から電車で運ばれ、焼却処理の後、東京湾の埋め立て地に使われます。岩手県は、これらの瓦礫には133 bq/kgの放射性物質が付着していると発表しています。この数値は、3月の震災前の基準では違法にあたりますが、日本政府は震災前の100 bq/kg から、7月には8000 bq/kg、そして10月には10,000 bq/kgと、基準値を引き上げました。東京都は今後、合計50万トンの瓦礫を受け入れると表明しています。 同じ岩手県で、2011年8月12日、薪の表皮から1130 bq/kgの放射能が測定されています。この薪を使って人気の宗教行事を計画していた京都府は、その薪の使用を中止しました。 政府のこの様な対策と行動がどのような結果を生み出すか、正確に予測する事は困難です。しかしながら、日本政府が環境に対して大きなギャンブルをしていると言う事は誰の目にも明らかでしょう。 これは、原発事故現場から地理的にさほど遠くない東京周辺だけの問題ではありません。東京都知事は、東京都による今回の瓦礫受け入れが、日本各地の地方自治体による瓦礫受け入れ促進に役立てば、とコメントしています。細野環境大臣は、2011年9月4日の会見で、「 福島の痛みを日本全体で分かち合うことが国としての配慮ではないかと思っている。」と述べ、 福島県外に最終処分施設を設け、福島県の瓦礫や汚泥を焼却処分する意志を改めて表明しています。もし、日本各地の自治体が、東京に続いて瓦礫の受け入れを始めると、現在、放射の漏れの影響を受けていない地域にまで、土壌や水の汚染を広げる事になります。 ここに、日本政府に呼びかけ、汚染瓦礫の地方への拡散と、焼却廃棄処分を阻止する事に、どうか協力してください。 汚染瓦礫は汚染地域から持ち出さず、 3.11以前の基準値に従い、人々を汚染地域から避難させるべきです。 もし日本政府がこの計画を続行すれば、今後何百年、何千年にも渡り人類に被害を及ぼす歴史的な過ちを犯す事になると 私たち署名者は考えます。住めなくなってしまったのは福島第一原発の周辺地域だけであったと歴史に残すために、他の汚染されていない土地を守るために、今こそ行動する時なのです。 謙虚に署名します。

→www.stopdammit.org

```````````````````````````````````````````````````````

À la personne concernée


Nous vous écrivons cette lettre à l'appui d'un réseau de milliers de mères à travers le Japon qui craignent la dévastation résultant des tsunamis du 11 Mars 2011 et depuis sa survenance de négligence grave des politiques du gouvernement . Nous croyons que la négligence du gouvernement aura des conséquences plus néfastes que l'impact déjà catastrophique du tsunami et de l'exposition aux radiations résultant. Une hausse presque certaine dans les taux de cancer pour des millions de personnes est le meilleur scénario de la fuite continue des réacteurs n ° Fukushima Daiichi 1, 2, 3 et 4. Il est de notre intention de limiter l'exposition des êtres humains à ce risque autant qu'il sera possible. Déclaration d'intention. C'est la conviction du soussigné que les décombres radioactifs dangereux dans des centrales de Fukushima et les autres zones autour doivent être laissés sur le site de la catastrophe. Les efforts doivent être concentrés pour mettre un terme incendies à la centrale nucléaire, et les gens devraient être évacués de la zone immédiate conformément aux niveaux de radiations qui étaient bien définis avant le 11 Mars. Tous les changements de politique japonaise récente du gouvernement d'augmenter les niveaux de radiation admissible doivent être annulés pour revenir aux niveaux admissibles définis d'avant la catastrophe. Aujourd'hui le gouvernement japonais systématiquement propage les matières radioactives, encourage publiquement l'organisation d'événements où manger des aliments provenant de Fukushima est montré en example d' acte patriotique, éleve les normes de radiation pour les aliments comme pour les gravats. Par exemple au Japon aujourd'hui de la nourriture ayant 499 Bq / kg peut être légalement distribuée sur le marché sans aucune étiquette pour les consommateurs. De même le gouvernement japonais a augmenté par deux fois les niveaux admissibles de radiation pour les gravats qu'ils livrent maintenant à travers tout le pays pour être brûlés et jetés dans l'océan à différents endroits, y compris la baie de Tokyo. Ce comportement négligent doit être stoppé ou un événement déjà dévastateur va se transformer en une catastrophe environnementale historique avec une portée internationale. Le ministère japonais de l'environnement estime à 23.820.000 tonnes de gravats résultant de la catastrophe de Mars dans les régions côtières d'Iwate, Miyagi et Fukushima préfectures. Cette décombres est l'un des nombreux obstacles auquels les Japonais sont confrontés, car ils doivent retirer les gravats afin de pouvoir reconstruire leurs vies. Comme si le fait de ces gravats n'étaient déjà pas un problème assez grand pour le gouvernement, il y a en plus le fait que beaucoup de ces décombres contiennent des matières radioactives provenant de la catastrophe nucléaire de Fukushima. Le gouvernement local de Tokyo a officiellement accepté 1.000 tonnes de gravats en provenance d' Iwate, ils devront acheminer jusqu'à Tokyo ces débris sur des trains, les brûler afin d'utiliser leurs cendres comme matière de remplissage dans la baie de Tokyo à partir de la fin de Octobre, 2011. Les estimations du gouvernement préfectoral d'Iwate indiquent que les décombres contiennent 133 Bq / kg de matière radioactive. Cela aurait été illégal avant Mars, mais le gouvernement japonais a changé le niveau de sécurité pour les gravats de 100 Bq / kg à 8000 Bq / kg en Juillet 2011, puis de nouveau à 10 000 Bq / kg en Octobre. Les représentants du gouvernement local de Tokyo ont annoncé qu'ils acceptent 500.000 tonnes de gravats au total. Dans la même préfecture d'Iwate, Le 12 août 2011, des mesures de 1 130 Bq / kg ont été détectées sur le bois de chauffage (sur écorce de surface), et les autorités locales de Kyoto qui allait le brûler pour un événement religieux populaire ont décidé de ne pas faire en raison de la contamination. Il est difficile de spéculer sur la précision des conséquences de ces actions du gouvernement, mais personne ne peut contester qu'un énorme pari sur l'environnement est en train d'être joué. Le problème n'est pas limité à la région de Tokyo, qui est géographiquement à proximité des zones touchées. Le gouverneur de Tokyo, a déclaré qu'il espérait que cela encouragerait d'autres autorités locales à accepter les décombres elles aussi. Le ministre de l'Environnement, M. Hosono, a déclaré le 4 Septembre 2011 lors d'uneconférence de presse que "c'est la considération du gouvernement national [ou le Japon comme la nation] pour partager la douleur de Fukushima avec tout le monde [ou partout] dans Japon ", réitérant son intention de créer une usine de transformation finale en dehors de la préfecture de Fukushima où les débris et les ordures divers à proximité de l'accident nucléaire seront brûlés. Si de nombreuses autres collectivités locales au Japon décident de suivre l'exemple de Tokyo il en résultera la contamination totale des terres et de l'eau des zones pas encore directement atteinte par les émissions radioactives. Nous vous demandons s'il vous plaît de dissuader le gouvernement japonais de propager, de bruler et de déverser les gravats provenant des zones contaminées. Ces gravats devraient être laissés sur place et les gens eux devraient être évacués de ces zones selon les normes en place avant le 11 Mars. C'est l'opinion du soussigné qui, s'il leur est permis de continuer, nous assisterons à une erreur historique menée par le gouvernement japonais qui aura un impact négatif sur des vies humaines pendant des centaines d'années à venir. L'alternative est que nous agissions immédiatement pour empêcher de telles conséquences, et l'histoire se souviendra que Fukushima Daiichi région a été rendue inhabitable plutôt que d'une pire alternative. Humblement Signé

→www.stopdammit.org
[PR]

by lamteramoto | 2011-10-28 03:37 | Info d'unrgence 緊急情報

Severn SUZUKI "You can change the world" 世界を5分間沈黙させた少女

世界を5分間沈黙させた少女Severn SUZUKI
"You can change the world"






セヴァン・スズキさんの「国連スピーチ」
2009/04/17 00:55
当時12歳



【 英文 】
Hello, I'm Severn Suzuki speaking for E.C.O. - The Environmental Children's organization.

We are a group of twelve and thirteen-year-olds from Canada trying to make a difference: Vanessa Suttie, Morgan Geisler, Michelle Quigg and me. We raised all the money ourselves to come six thousand miles to tell you adults you must change your ways. Coming here today, I have no hidden agenda. I am fighting for my future.
Losing my future is not like losing an election or a few points on the stock market. I am here to speak for all generations to come.

I am here to speak on behalf of the starving children around the world whose cries go unheard. I am here to speak for the countless animals dying across this planet because they have nowhere left to go. We cannot afford to be not heard.
I am afraid to go out in the sun now because of the holes in the ozone. I am afraid to breathe the air because I don't know what chemicals are in it.

I used to go fishing in Vancouver with my dad until just a few years ago we found the fish full of cancers. And now we hear about animals and plants going extinct every day - vanishing forever.
In my life, I have dreamt of seeing the great herds of wild animals, jungles and rainforests full of birds and butterflies, but now I wonder if they will even exist for my children to see.

Did you have to worry about these little things when you were my age? All this is happening before our eyes and yet we act as if we have all the time we want and all the solutions.
I'm only a child and I don't have all the solutions, but I want you to realize, neither do you!

You don't know how to fix the holes in our ozone layer. You don't know how to bring salmon back up a dead stream. You don't know how to bring back an animal now extinct. And you can't bring back forests that once grew where there is now desert. If you don't know how to fix it, please stop breaking it!
Here, you may be delegates of your governments, business people, organizers, reporters or politicians - but really you are mothers and fathers, brothers and sister, aunts and uncles - and all of you are somebody's child.

I'm only a child yet I know we are all part of a family, five billion strong, in fact, 30 million species strong and we all share the same air, water and soil - borders and governments will never change that.
I'm only a child yet I know we are all in this together and should act as one single world towards one single goal. In my anger, I am not blind, and in my fear, I am not afraid to tell the world how I feel.

In my country, we make so much waste, we buy and throw away, buy and throw away, and yet northern countries will not share with the needy. Even when we have more than enough, we are afraid to lose some of our wealth, afraid to share.
In Canada, we live the privileged life, with plenty of food, water and shelter - we have watches, bicycles, computers and television sets.

Two days ago here in Brazil, we were shocked when we spent some time with some children living on the streets. And this is what one child told us: "I wish I was rich and if I were, I would give all the street children food, clothes, medicine, shelter and love and affection."

If a child on the street who has nothing, is willing to share, why are we who have everything still so greedy? I can't stop thinking that these children are my age, that it makes a tremendous difference where you are born, that I could be one of those children living in the Favellas of Rio; I could be a child starving in Somalia; a victim of war in the Middle East or a beggar in India.
I'm only a child yet I know if all the money spent on war was spent on ending poverty and finding environmental answers, what a wonderful place this earth would be!

At school, even in kindergarten, you teach us to behave in the world. You teach us:

not to fight with others,
to work things out,
to respect others,
to clean up our mess,
not to hurt other creatures
to share - not be greedy
Then why do you go out and do the things you tell us not to do?

Do not forget why you're attending these conferences, who you're doing this for - we are your own children.

You are deciding what kind of world we will grow up in. Parents should be able to comfort their children by saying "everything's going to be alright', "we're doing the best we can" and "it's not the end of the world".
But I don't think you can say that to us anymore. Are we even on your list of priorities? My father always says "You are what you do, not what you say."

Well, what you do makes me cry at night. you grown ups say you love us. I challenge you, please make your actions reflect your words.
Thank you for listening.


【 日本語訳 】
こんにちは、セヴァン・スズキです。エコを代表してお話しします。エコというのは、子供環境運動(エンヴァイロンメンタル・チルドレンズ・オーガニゼェーション)の略です。カナダの12歳から13歳の子どもたちの集まりで、今の世界を変えるためにがんばっています。あなたがた大人たちにも、ぜひ生き方をかえていただくようお願いするために、自分たちで費用をためて、カナダからブラジルまで1万キロの旅をして来ました。

今日の私の話には、ウラもオモテもありません。なぜって、私が環境運動をしているのは、私自身の未来のため。自分の未来を失うことは、選挙で負けたり、株で損したりするのとはわけがちがうんですから。

私がここに立って話をしているのは、未来に生きる子どもたちのためです。世界中の飢えに苦しむ子どもたちのためです。そして、もう行くところもなく、死に絶えようとしている無数の動物たちのためです。

太陽のもとにでるのが、私はこわい。オゾン層に穴があいたから。呼吸をすることさえこわい。空気にどんな毒が入っているかもしれないから。父とよくバンクーバーで釣りをしたものです。数年前に、体中ガンでおかされた魚に出会うまで。そして今、動物や植物たちが毎日のように絶滅していくのを、私たちは耳にします。それらは、もう永遠にもどってはこないんです。

私の世代には、夢があります。いつか野生の動物たちの群れや、たくさんの鳥や蝶が舞うジャングルを見ることです。でも、私の子どもたちの世代は、もうそんな夢をもつこともできなくなるのではないか?あなたがたは、私ぐらいのとしの時に、そんなことを心配したことがありますか。

こんな大変なことが、ものすごいいきおいで起こっているのに、私たち人間ときたら、まるでまだまだ余裕があるようなのんきな顔をしています。まだ子どもの私には、この危機を救うのに何をしたらいいのかはっきりわかりません。でも、あなたがた大人にも知ってほしいんです。あなたがたもよい解決法なんてもっていないっていうことを。オゾン層にあいた穴をどうやってふさぐのか、あなたは知らないでしょう

死んだ川にどうやってサケを呼びもどすのか、あなたは知らないでしょう。絶滅した動物をどうやって生きかえらせるのか、あなたは知らないでしょう。そして、今や砂漠となってしまった場所にどうやって森をよみがえらせるのかあなたは知らないでしょう。

どうやって直すのかわからないものを、こわしつづけるのはもうやめてください。

ここでは、あなたがたは政府とか企業とか団体とかの代表でしょう。あるいは、報道関係者か政治家かもしれない。でもほんとうは、あなたがたもだれかの母親であり、父親であり、姉妹であり、兄弟であり、おばであり、おじなんです。そしてあなたがたのだれもが、だれかの子どもなんです。

私はまだ子どもですが、ここにいる私たちみんなが同じ大きな家族の一員であることを知っています。そうです50億以上の人間からなる大家族。いいえ、実は3千万種類の生物からなる大家族です。国境や各国の政府がどんなに私たちを分けへだてようとしても、このことは変えようがありません。私は子どもですが、みんながこの大家族の一員であり、ひとつの目標に向けて心をひとつにして行動しなければならないことを知っています。私は怒っています。でも、自分を見失ってはいません。私は恐い。でも、自分の気持ちを世界中に伝えることを、私は恐れません。

私の国でのむだ使いはたいへんなものです。買っては捨て、また買っては捨てています。それでも物を浪費しつづける北の国々は、南の国々と富を分かちあおうとはしません。物がありあまっているのに、私たちは自分の富を、そのほんの少しでも手ばなすのがこわいんです。

カナダの私たちは十分な食物と水と住まいを持つめぐまれた生活をしています。時計、自転車、コンピューター、テレビ、私たちの持っているものを数えあげたら何日もかかることでしょう。

2日前ここブラジルで、家のないストリートチルドレンと出会い、私たちはショックを受けました。ひとりの子どもが私たちにこう言いました。

「ぼくが金持ちだったらなぁ。もしそうなら、家のない子すべてに、食べ物と、着る物と、薬と、住む場所と、やさしさと愛情をあげるのに。」

家もなにもないひとりの子どもが、分かちあうことを考えているというのに、すべてを持っている私たちがこんなに欲が深いのは、いったいどうしてなんでしょう。

これらのめぐまれない子どもたちが、私と同じぐらいの年だということが、私の頭をはなれません。どこに生れついたかによって、こんなにも人生がちがってしまう。私がリオの貧民窟に住む子どものひとりだったかもしれないんです。ソマリアの飢えた子どもだったかも、中東の戦争で犠牲になるか、インドでこじきをしてたかもしれないんです。

もし戦争のために使われているお金をぜんぶ、貧しさと環境問題を解決するために使えばこの地球はすばらしい星になるでしょう。私はまだ子どもだけどこのことを知っています。

学校で、いや、幼稚園でさえ、あなたがた大人は私たちに、世のなかでどうふるまうかを教えてくれます。たとえば、

* 争いをしないこと
* 話しあいで解決すること
* 他人を尊重すること
* ちらかしたら自分でかたずけること
* ほかの生き物をむやみに傷つけないこと
* 分かちあうこと
* そして欲ばらないこと

ならばなぜ、あなたがたは、私たちにするなということをしているんですか。

なぜあなたがたがこうした会議に出席しているのか、どうか忘れないでください。そしていったい誰のためにやっているのか。それはあなたがたの子ども、つまり私たちのためです。あなたがたはこうした会議で、私たちがどんな世界に育ち生きていくのかを決めているんです。

親たちはよく「だいじょうぶ。すべてうまくいくよ」といって子供たちをなぐさめるものです。あるいは、「できるだけのことはしてるから」とか、「この世の終わりじゃあるまいし」とか。しかし大人たちはもうこんななぐさめの言葉さえ使うことができなくなっているようです。おききしますが、私たち子どもの未来を真剣に考えたことがありますか。

父はいつも私に不言実行、つまり、なにをいうかではなく、なにをするかでその人の値うちが決まる、といいます。しかしあなたがた大人がやっていることのせいで、私たちは泣いています。あなたがたはいつも私たちを愛しているといいます。しかし、私はいわせてもらいたい。もしそのことばが本当なら、どうか、本当だということを行動でしめしてください。

最後まで私の話をきいてくださってありがとうございました。

[PR]

by lamteramoto | 2011-10-23 00:26 | Sagesse 叡智への道

IF THE WORLD WERE 100 PEOPLE UPDATEDもし世界が100人の村だったら

IF THE WORLD WERE 100 PEOPLE UPDATED


もし、世界が100人の村だったら


[PR]

by lamteramoto | 2011-10-22 07:01 | Nouvelle Terre愛の地球作り

Révolution15.10/87pays グローバル・レボリューション・デイ

2011年9月17日にウオールストリートで開始したオキュパイ・ムーブメントは、
全米から世界各国へと拡大を続け、
10月15日のグローバル・レボリューション・デイには87カ国で1039のイベントが行われた。
現在も、アメリカを始め多くの国々で泊り込みの活動が続いている。

10・15のイベントに参加したのは以下の各国である。

アルバニア、アンドラ、オーストラリア、オーストリア、ボリビア、ボスニア・ハゼンゴビナ、ブラジル、カナダ、チェコ、チリ、コロンビア、コスタリカ、ク ロアチア、キプロス、デンマーク、ドミニカ、エクアドル、エジプト、エストニア、フィンランド、フランス、フレンチポリネシア、ドイツ、ギリシア、グアテ マラ、ハワイ、ホンジュラス、香港、ハンガリー、アイスランド、インド、インドネシア、アイルランド、イスラエル、イタリア、日本、ヨルダン、韓国、コソ ボ、レトビア、リトアニア、ルクセンブルグ、マケドニア、マレーシア、マリ、マウリツス、メキシコ、モロッコ、オランダ、ニュージーランド、ニカラグア、 ノザン・マリアナ、アシスランド、ノルウエイ、パレスチナ、パナマ、パラグアイ、ペルー、フィリッピン、ポーランド、ポルトガル、プエルトリコ、ルーマニ ア、ロシア、サウジアラビア、セネガル、セルビア、シンガポール、スロバキア、スロバニア、南アフリカ、スペイン、スリランカ、スエーデン、スイス、台 湾、チェニジア、トルコ、イギリス、ウクライナ、ウルグアイ、アメリカ、ベネズエラ


La Journée mondiale de la Révolution, 15 Octobre, 1039 événements ont été organisés dans 87 pays. A l'heure actuelle, les travaux se poursuivent dans de nombreux pays, y compris les arrêts au début des États-Unis.


Les pays paticipés à l'événement 15 Octobre sont suivants:

Albania, Andorra, Argentina, Australia, Austria, Belgium, Bolivia, Bosnia and Herzegovina, Brazil, Bulgaria, Canada, Chez Republic, Chile, Colombia, Costa Rica, Croatia, Cyprus, Denmark, Dominican Republic, Ecuador, Egypt, Estonia, Finland, France, French Polynesia, Germany, Greece, Guatemala, Hawaii, Honduras, Hong Kong, Hungary, Iceland, India, Indonesia, Ireland, Israel, Italy, Japan, Jordan, Korea, Kosovo, Latvia, Lithuania, Luxembourg, Macedonia, Malaysia, Mali, Mauritius, Mexico, Morocco, Netherlands, New Zealand, Nicaragua, Northern Mariana Islands, Norway, Palestine, Panama, Paraguay, Peru, Philippines, Poland, Portugal, Puerto Rico, Romania, Russia, Saudi Arabia, Senegal, Serbia, Singapore, Slovakia, Slovenia, South Africa, Spain, Sri Lanka, Sweden, Switzerland, Taiwan, Tunisie, Turkey, UK, Ukraine, Uruguay, USA and Venezuela.



Occupy Israel! Occupy Rothschild Blvd!





【10・15地球維新】人類の心がひとつになった日





Indignés - journée de mobilisation mondiale du 15 octobre à paris.mov

[PR]

by lamteramoto | 2011-10-20 23:14 | Nouvelle Terre愛の地球作り

オキュパイ運動が志向する真の民主主義への道

【地球維新】オキュパイ運動が志向する真の民主主義への道


Paris


「リーダーもフォロワーもない」新しいタイプの市民運動として始まったオキュパイ・ウオールストリート運動が、これから長期にわたる運動をどのように進めていくかに世界の­注目が集まっている。膨大な人数に広がった参加者が、どのように意見と情報を交流し意思を決定するかがポイントの1つとなる。毎日行われる総会では、参加者が滞在する公園­で拡声器の使用が禁じられているために、発言者のスピーチを集団でリピートする「ヒューマン・マイクロフォン」という方法でスピーチを全体に伝えていく。スピーチの内容に­賛成/反対の意思を聴衆がハンドサインで示す。このようにして全体の意思の一致を形成していく。意思決定のプロセスを重視する新しいタイプの直接民主主義のモデルだと言え­る。
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011101701000627.html

これまで日本のデモ運動は、社会主義をモデルとして集団指導による「民主集中制」を原則として行われてきたが、旧ソビエト・中国・北朝鮮の例が示すように、「民主主義」は­共産党一党独裁の全体主義に転化して、共産党指導部によるほしいままの人民収奪と権利侵害、宗教・思想弾圧を招くに至っている。

99パーセントが望む新しい世界は、資本主義でも社会主義でもなく、全体の意志を代表し真に国民に奉仕する政府による公正な政治と1パーセントの者たちの利益の独占を許さ­ない資源を公正に分かち合う新しい経済システムへの移行である。

meerkatmedia さんが 2011/10/13 にアップロード
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=6dtD8RnGaRQ#!


NY



Madrid



Risbon

[PR]

by lamteramoto | 2011-10-19 18:15 | Nouvelle Terre愛の地球作り

10・15地球維新 ついに始まった!

【10・15地球維新】


【10・15地球維新】♪共に世界を変えていこう



There's a quiet Revolution going on,
Like a fire in every corner of the world,
And friends that you have known for many years,
Are talking with a new light inside,
Talking with a brightness in their eyes;

There are quiet conversations going on,
As people speak about what they have seen,
And everywhere the feeling's getting stronger,
That soon there will be change in our lives,
From a thousand years of looking in the sky,
Something is coming now, something is coming now;

You will believe it when,
You will believe it,
When the light comes shining through,
You will believe it when,
You will believe it,
When it's shining down on you;

There are quiet celebrations going on,
So many have been waiting for so long,
To see the whole world waking from a dream,
And find a new dimension inside,
See a revelation in our time,
Something is coming now,
Something is coming now.;

You will believe it when,
You will believe it,
When the light comes shining through,
You will believe it when,
You will believe it,
When it's shining down on you;

We must guard against the enemy,
They can help us or they can betray us in the night,
Don't talk, don't talk,but this quiet revolution,
Can destroy the man of darkness with the light;

You will believe it when,
You will believe it,
When the light comes shining through,
You will believe it when,
You will believe it,
When it's shining down on you;

Shining on you, shining on you........

世界は静かに変わりつつある
地球の隅々に火が広がるように
昔なじみの友人が
新しい光を内側に点して
目に輝きを浮かべて
話しかけている


静かな交流が進んでいる
人々は自分の見たものを語り
あらゆる場所に力強い感覚が満ちている
何千年も見慣れた空に
新しい何かが訪れている
何かが今訪れている


その時、あなたは信じるだろう
信じるに違いない
光が輝きを貫く時に
あなたは必ず信じるだろう
光の輝きが地上に降りたことを・・



兵士たちも目覚め始めています





私は自分の職務に何度も誇りを持とうとしてきたが、ただ感じたのは罪悪感だけだった。レイシズム(人種差別主義)は占領支配の現実を覆い尽くすことができない。彼らも人々­であり、私たちは同じ人類なのである。
"And I tried hard to be proud of my service, but, all I could feel was shame. The racism could not longer mask the reality of the occupation. These were people, these are human beings.

戦争に参加して以来、私は老人を見かけるたびに罪悪感に悩まされてきた。私たちが器具で運んでイラクの警官に撤去を求めた足の不自由な老人とよく似ているからだ。
I've since been plagued with guilt any time I see an elderly man. Like the one who couldn't walk and we rolled onto a stretcher and told the Iraqi police to take him away.

子供を連れた母親を見ても胸が傷んだ。私たちが無理やり家から連れ出そうとして、「フセイン大統領より悪い」と泣き叫んだ母親と同じだからだ。
I feel guilt any time I see a mother with her children, like the one who cried hysterically and screamed that we are worse than Saddam as we forced her from her home.

幼い少女を見ると罪悪感を感じた。私が腕をつかんで通りを引きずった少女と同じだからだ。
I feel guilt any time I see a young girl, like the one I grabbed by the arm and dragged into the street.

私たちはテロリストと戦うように命じられた。でも、本当のテロリストは私であり、本当のテロリズムは他国の占領支配のことだったのである。
We were told we were fighting terrorists... the real terrorist was me and the real terrorism is this occupation.

レイシズム(人種差別主義)は、他国の破壊と占領支配を正当化する有効な手段として長い間、軍部で用いられてきた。さらにそれは、他国民を殺害し他者を拷問にかけることを­正当化するために用いられてきた。レイシズムはアメリカ政府が最重要視してきた強力な兵器だった。それは、ライフル・戦車・爆弾や戦艦を上回る重要な兵器だったのである。­ミサイル砲弾・地中貫通爆弾やトマホーク巡航ミサイル以上に破壊的な・・
Racism in the military has long been used as a tool to justify the destruction and occupation of another country. It has long been used to justify the killing, subjection and torture of another people. Racism is the vital weapon employed by this government. It is more important than a rifle, a tank, a bomber or a battleship. It is more destructive than an artillery shell, or a bunker buster, or a tomahawk cruise missile.

たとえ、このような兵器を政府が保有していても、それを使う意思のある国民なしでは害を及ぼすことはないはずである。
While all those weapons are created and owned by this government, they are harmless without people willing to use them."
[PR]

by lamteramoto | 2011-10-19 09:30 | Nouvelle Terre愛の地球作り

茶の心を極めるために

d0176838_66725.jpg




やっと地球が変わる兆しが出て来て、
心から嬉しく思っています。

また、逆に嬉しくないニュースも、これから増えて来るのでしょうね。

スコットランドのDounreay原発で放射能漏れがあったそうです。
http://t.co/whc9bGyJ

フランスでは、先日の仏マルクール核廃棄物処理施設での爆発、
やはり隠蔽しようとしていたかのような数字の訂正発表がありました。
最初の発表の、放射能480倍だそうです。

仏当局、事故現場の放射線レベルを当初発表値から約480倍上方修正」(9月30日) http://franceneko.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/480criirad930-d.html



今まで5ヶ月、高次元サイト『未来への鍵』から、メッセージの翻訳をしてきましたが、

一旦、翻訳の仕事をお休みすることにしました。

今まで、読んで下さってありがとうございました。

高次元の活動から自分の足もとのアソシエーションで、

平和活動を続けることにしました。


わび、さびの心。

その『茶の心』を質素に体現するためには、

さらに、執着を手放し、進むことに合点しました。


日本を助けたい気持ちは変わりません。

メッセージがもっと具体的になってきた時に、

再度、お手伝いさせてもらうことにしました。


やはり恐怖を煽ってしまうことになるのは

私としては遺憾なことです。


ですので、茶道の深い味わいと、

美しさを、

こちらの方に伝えるためにも、

地上レベルの、今、ここ、自分の茶室から

平和の光をお送りさせていただくことに致しました。


シルビーさんやマスターたちの意向に添えなかったことを
申し訳なく思いながら、

茶人の道を、自分なりに進みたいと、

心が決まりました。

応援してくださる仙秀さんとおっしゃる大先輩がいますし、

ここまで導いてくださった政子先生も、

まだこれからパリに見えると思いますので、

ご指導をお願いしたいと思います。

これからも、フランス、イタリアつなぐ心の橋はやって行きたいと思っていますので、

どうぞ、よろしくお願いします。

アソシエーションの名前は、一旦『ジャルダン・ハーモニー』に変えようと思ったのですが、
今、迷っています。ひょっとしたら」初めの『しんせん』(真泉)に戻してもいいなな〜と。
http://mamanterregaiajp.blogspot.com/

こちらのブログもどうぞよろしくお願いします。


お茶の稽古のお陰で、どんなに心が取り乱れていても、
それが不思議に鎮まることを体験しています。
茶器に、静けさのコードが刻まれているのだろうと思っています。
日本に生まれて、本当に感謝しています。

d0176838_16523978.jpg

[PR]

by lamteramoto | 2011-10-09 06:19 | Jardin Michiko 私の庭

Les Miserables 革命の兆し レ・ミゼラーブル

世界のあちこちから、火の手が上がりそうですね。
みなさん、ご存知ですか?
http://youtu.be/vAWv9gV8Cxo
Dans le monde, un peu partout, on voit la montée des flammes.
Vous le voyez ?


マスターたちが何度も言及していますが、
世界を変えるのは、名もない私たち一般市民です。
私たちが変えようとしない限り、誰も何も動かないと、耳が痛くなるほど聞きました。

Nous avons mentionné à plusieurs reprises dont les Maîtres disaient que le monde changera quand nous les citoyens agissons,
et que si nous n'avions pas de volonté à changer,
personne, aucune chose changera.


Les Miserables
レ・ミゼラーブル



Do you hear the people sing?





J'avais rêvé d'une autre vie





On My Own Minako Honda





Do You Hear the People Sing (music video)

[PR]

by lamteramoto | 2011-10-08 08:34 | Image Amour Musique

Ouverture de l'Atelier du Thé 15 octobre

d0176838_6261816.jpg



ATELIER DE LA CÉRÉMONIE DU THÉ

L'ouverture de cet atelier aura lieu le 15 octobre 2011

http://mamanterregaia.blogspot.com/

Calendrier
Il se tiendra six fois par mois : deux jeudis, deux samedis, deux
dimanches

OCTOBRE : 15, 20, 23, 26

NOVEMBRE : 3, 6, 12, 17, 20, 26

Horaire et Réservation
De 16 à 20 h.
Mais vous pouvez aussi venir entre temps
(Contacter Michiko au 01.83.92.83.40)

Lieu
60, rue de Domrémy 75013 Paris



Qu'est-ce que le SADô ? : l'Art du Thé Japonais

Notre atelier de Cérémonie du Thé ne consiste pas à reprendre les
formes traditionnelles puisque les participants n'en connaîtraient pas
ou quasiment pas les codes.

Néanmoins, nous préparerons un décor japonais avec le matériel
traditionnel pour favoriser une relation à soi, pleine de délicatesse,
dans la joie et la beauté fondamentale.

Quatre qualités de l'esprit sont importantes pour pratiquer le Voie du Thé
Japonais :

* Harmonie 和
* Respect 敬
* Pureté 清
* Coeur Inébranlable 寂

Ces quatre mots chinois sont très connus pour être le thème central du Thé

Harmonie
Respect
Pureté
Cœur inébranlable

PRÉPARATION

Nettoyer la salle et méditer, calmer l'esprit.

Purifier la tasse et tous les ustensiles de la Cérémonie du Thé.

Choisir un thème : une saison, la nature, un but, l'amour, etc.

Méditer sur le thème choisi et écrire une poésie ou faire une calligraphie.

Poser un bouquet de fleurs simples et naturelles.

Méditer et unir en pensant aux invités.

Dans la Cérémonie du Thé Japonais, nous mangeons des pâtisseries
japonaises qui sont souvent des gâteaux de riz à l'Azuki. Mais peu importe
le gâteau, sa forme ou sa couleur. Notre création doit être un fruit du cœur à offrir.

Nous pratiquons avec des matériaux de tous les jours, la nature : thé, eau, feu, terre/tasse, fleur, bambou.

Pendant la Cérémonie, tous les moments sont importants et divins tant pour la préparation que pour le rangement.

Mettre la conscience dans les mouvements et tous les matériaux en pensant
aux invités, en créant le bouquet, la poésie ou la calligraphie. Etre concentré
mais détendu, harmonieux en respectant les autres et les objets. Etre simple et calme en offrant un thé d'Amour non seulement à l'autre mais aussi à l'Univers et à notre âme divine.

C'est le moment de l'épanouissement des cinq sens : la vue, l'ouïe, le goût, le toucher, l'odorat, dans un moment de calme où tout résonne.

L'ouverture du cœur pour offrir, recevoir, partager et s'unir.

Tout cela nous amène à dépasser nos limites mentales, à développer la
sensation de fusionner et à découvrir la Joie Cosmique qui efface toutes les
négativités personnelles qui séparent de l'UN ou Source. On s'élève tous ensemble avec du thé !

Gratitude
Michiko k
[PR]

by lamteramoto | 2011-10-05 06:27 | Art du Thé 日本の心