<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ふるい故郷、縄文は愛の時代だったのでしょうね





先日、ホームステイしているAYちゃんは、帰宅途中で偶然出会った若者たちと立ち話していて、
彼女の母方の故郷がJAPONであることを知った彼らは、
みんなで日本の唱歌「ふるさと」を歌ってくれたのだそうです♪
それも、彼らの中には1人も日本人いないのです。
それで、AYちゃんはハートがキューンとなって「泣いてしまった〜」と。。


2003年の夏、
あるスピのセミナー(一週間の合宿)を受けたときのことです。

盆栽の庭を普通サイズにしたような、南仏の自然の中でした。

数日後、その日のワークは、自然と触れるワークで、
午後の2、3時間もの間、ずっと1人で野外で過ごすことでした。

それから、最後にみんなで輪になってシェアリングをしました。
ワークショップには、遠くカナダから来られた受講生も多く参加していました。


私がシェアしたことをお話ししたいと思います。

私は一人で、小川が流れている方に行きました。
そして美しい大地、優雅な植物、
小川の水や小石に、話しかけたのです。

「南仏の自然は本当に美しいですね。
日本の自然も、こんな風にまだ美しいでしょうか?
水さん、清らかで、キラキラしていますね。
あなたの歌う歌は、私の故郷の歌を思い出させてくれます。
日本の海や川も、あなたたちのような歌を唄っているでしょうか?
小石さんたち、可愛いですね。
綺麗な水と一緒に、あなたたちもコーラスしてますね。
日本の小川の小石もコーラスして楽しんでますか?
お花さんたちも、可憐で、美しいですね。
日本のお花も、あなたたちのようにまた美しく咲いていますか?

ああ、日本の山々、野原、
日本列島の湖、川、海、そして空
教えてください。
故郷は元気ですか?」

私はフランスーカナダ人グループの中で1人、日本人でした。
でも、私が自然に話しかけた言葉、母国語そのままで、
みなさんに語りました。

すると、セミナーしているリーダーの目に涙が、、、

そして、みんなもほろりと涙をこぼして、、

誰1人、日本語を分かる人はいませんでしたが、
私の祖国を思う心を、全員が分かってくれたのですね。
こんな素敵な体験、まだ一度もこちらでシェアしていなかったことを思い出しました。

実は、今朝、あるメッセージを拾ったからなんです。
そして、その方の投稿と共鳴し、融合し、
私のものでも、彼のものでもないようなポエジーになった、、??
よかったら、読んでみてください。



『人類本質文明』
http://ameblo.jp/mademoiselle-ai/entry-10935966001.html


世界の歴史からごっそり抜けてしまった
重要な歴史が数多くある。


自然一体型文明は、すべてを土に戻していただろうから

掘り起こした中から何か色々と出てくる文明が、、、


武器をもたざるを得ない人類
金儲けをせざるを得ない人類
権力を志向せざるを得ない人類
自然を荒らさざるを得ない人類


1万年以上の間、一切の戦争がなかった縄文の時代

すべてを土に戻し、あの世とこの世との和解を
成立させていた偉大な文明

完全な循環型文明は
地球が命であることを知り、
命と一体になって暮らした
間違いのないユートピア。


そしてエジプト、、、が始まった、、、


この文明の流れが平和な縄文を滅ぼしたのか、、

人類の歴史の中心は力に行きつく。

権力とテクノロジー

縄文を肯定すると

力は自らの立つ基盤を失う

だからそれはできない



命の根源を失えば、すべてが死に絶える


今回の震災と今なを続く原発危機により

縄文遺伝子は復活する流れが生まれる

そこには母音の発生が伴っているだろう

子音優位の神々は、さらに地上を荒らしまくるだろう

しかし、息の長い母音に乗った幾多の人間の思いが
人間と地球に力を与える


愛する者に
愛する地球に
ゆっくりゆっくり伸ばす音で声をかける
思いをかける
愛の息吹を吹きかけ

♪お〜〜〜、あ〜〜〜、
♪あ〜〜う〜〜ん
♪あ〜り〜が〜と〜う

深い感情を乗せた母音が何を引き起こすか、、、

エデンの時代
縄文の復活


テクノロジーの争いも
最後は霊の戦いとなる

奪われたインディアン
奪われた幾多の原住民
奪われた幾多の奴隷たち
奪われた幾多の乙女
奪われた幾多の幼い命、、、、

その悲劇を見つめてきた天と地
愛の女神

その思いと共振する音がきっとある
それは理論の響きではない

思いが込められた音であり
源とつながっている光である
それをハートを通過し広げてく


それが出来なくて、私たちは負けてしまった。
物質の力と、誘惑に負けてしまった。

恋人にはどういう声で話せばいいのか、、、
愛する子に語るその声は間違ってはいないか、、、
大地や川や海、植物に
そして動物に

あなたは声をかけてきた、、か、、、






イタリアで出会った妖精シャーマンのような女性Kさんは、
「日本のことは、私たち全員のこと。
世界中の問題なのです」と言ってくれて、
ほろりとしました。

彼女は、素敵な大樹や自然に触れると、
歌が湧いて来るようです。

散歩中に、古い大きな栗の木の前で、
歌っていました。
ケルトの音楽のようでした。


d0176838_1935983.jpg

AYちゃんとマントラを歌いながら作った白キムチ。
d0176838_1961833.jpg

微生物の肥料をあげたので、鳩が来てくれました。
変な容器は、光ファイバー水を作っています。
[PR]

by lamteramoto | 2011-06-29 19:08 | Art du Thé 日本の心

原発のない世界へ そして愛の法を宇宙から

d0176838_0453939.jpg




セミナー『Consciousness311』のつづきです。
どれも、素晴らしいお話ですので、
是非、お時間作って、ご覧下さることを願っています。


提案1 
『気づきの響きを行動に 原発のない日本へ!』 





提案2 
『本当のことを知れば生き方が変わる 原発のない日本へ!』 





提案3
『広島と長崎、食で放射能を克服した二つの奇跡的な遺産 原発のない日本へ! 』


こちらは、昨日アップした日記の微生物入門の続きのようなものです。
でも、専門家の方からの詳しい体験と、長い間の観察によって、もたらされた大変、貴重な提案となっています。


d0176838_104152.jpg



原発はもう、地球上どこからも消えて欲しいと願っています。
なぜなら、核のカルマは、
私たちの進化がなされることなしに利用することは、宇宙が許さないと思うからです。

今現在、私たち人類は、愛の社会、世界を作り上げていません。

自分のために他者を利用して、それに罪の意識も反省もしていません。
そのような汚れた人間の手が、どうして、
核分裂などという高度でしかも危険きわまりないものを管理し、
使用できるでしょうか?

宇宙の法は、愛です。
宇宙の真理は、愛を基盤とし、
それを規範として成り立つものです。

誤魔化しも、虚偽も通用しません。
だから、私たちの時代に原子力は、
まだ『気違いに刃物』の域を出ていないのではないでしょうか?


みなさん、
世界に向かって、まず、愛を証明しましょう。

たとえ、素晴らしい働きの微生物であっても、
私たちの心が曇っていたら、
微生物は徐々に腐敗して行くことでしょう。

どれだけ、体に良いと言うものを食べても、
どれだけ、健康食品をとっても、
微生物の活動は、手をつながないでしょう。
なぜなら、宇宙の法に合わないからです。


^^^^^
トップの写真:
日本滞在(2008)の時に出会った、若いマクロビオのシェフの本から
玄米ご飯を利用した、野菜コロッケを作ってみました。
もちろん、クリームは豆乳です。

付け合わせは、キムチ系の漬け物です。
白キムチ、美味しくてつい食べ過ぎます。
漬け物の分量は、伝統的にはとても少しですね。
今、ちょっと控え目にしています。

最後の写真:
廊下の突き当たりのコーナーに、キウイの枝と雑草を活けました。
発酵液を時々入れてあげていたので、
とても元気で、長いこと楽しませてもらいました。

微生物、凄いです !!
[PR]

by lamteramoto | 2011-06-24 00:52 | 震災と原発事故

ミクロの世界 微生物生活入門

d0176838_3555961.jpg




イタリアの滞在は短かったのですが、
そこで、微生物との関係を深めることができました。

EM菌の実験は、パリのベランダで試しました。
二つの植木、EM菌入りと、EM菌なしを作って、
その後の様子をみました。

お花の咲き具合が極度に違うのでびっくり!
d0176838_3574520.jpg

これはパリの我が家のベランダのベゴニアです。
EM菌入りです。


そしてイタリアでは、、、

発芽玄米を失敗して、、

というのは、ストーブの上に置いておいた玄米が、
温度が高過ぎて、煮えてしまったから、

それを低温で暖めて、、(甘酒になるのをゆめみて)
それで再びシッパイ!
味の中にちょっぴりだったけど、腐った感じが混ざっていたのだ。

でも、ただ捨てないところが、私のケチな美徳。

なので、その微妙な味の玄米粥に、万能浄化液の出来立てを
適量入れ、その上に、思いつきで、ヨモギを混ぜて、発酵させてみた。

すると、素晴らしい出来!
テンペのように白い微生物が増殖して、
かぐわしい香りがしているではありませんか。
d0176838_402810.jpg



その玄米&ヨモギの葉の発酵物を
キッチンの生ゴミと混ぜ、再び寝かせました。

一週間、素晴らしい堆肥が出来たので、
EM菌の使用テキストで学んだように、
ゴミ発酵袋から出る発酵液を、別な容器に抜き取り、
浄化剤や、入浴剤、切り傷などの薬として、実験のためにおとり置き。

d0176838_42539.jpg

d0176838_432992.jpg



さて、生ゴミの肥料は、小さな我が家の畑に、埋めました。
野菜の成長が楽しみです。
d0176838_45083.jpg




浄化洗剤薬となった一部は、
お風呂のさびた廃校口へ。
半日で、こんなにピカピカ。
d0176838_473544.jpg



入浴剤も、庭の薔薇の花びらとともに、
身体の疲れを癒してくれました。
d0176838_484330.jpg



傷薬として、運良く、F氏が額に怪我をしたので、
付けてもらいました。
写真はないですが、数日後にすっかり良くなっていました。


また、べたついている肥料を素手で作ったので、
作業のあと、手がすべすべになっているのに気づきました。

マスクもやってみました。
最後、肌に吸い付く吸引力に驚きました。
セラピストのF氏に聞いたら、
毒を吸い取っているということでした。


キッチンにある身近な食品、
そしてゴミから作れる、微生物の生きた生命力に感動しました。

万能浄化液の作り方はこちらでどうぞ。
http://www.dailymotion.com/video/x85stv_yyyyyyyyy_lifestyle


今、パリの我が家で、
その続きをしています。

今度は、買ったきり、使わず、捨てるのもおしいと、
とってあった、中国のスーパーで手に入れた漢方薬数種を
生ゴミに混ぜて、発酵させています。
出来上がるのが楽しみです。




『Consciousness311』というセミナーが、先日行われたそうで、
その中で、主催者のお知らせ『Consciousness311』 

未来食サバイバルセミナーをしているゆみこさんの講演、素晴らしいです〜♪

時間をとって是非、ご覧下さい。
『体と地球の治癒力を目覚めさせる食 原発のない日本へ!』 





^^^^^^^^^
一番上の写真:
私のランチのメニューは
発芽玄米酵素ごはんの野菜カレー
パンとビールで作ったぬかみそで漬けたキュウリと大根のぬかみそ漬け。

現在、ぬかみそも、キッチンに残った様々なビタミンの粉末や古い抹茶などを入れて実験中。

みなさんも挑戦してみませんか?
[PR]

by lamteramoto | 2011-06-23 04:15 | 食・レシピ・エコロジー

希望の歌 泉のメロディー

d0176838_8203784.jpg




地球での学び

それは一体何でしょうか?


何を学びに、私たちは今、ここに生きているのでしょうか?

それは、きっと愛が

どれだけ崇高なものか

どれだけ深いものか

どれだけ苦しいものか

どれだけ美しいものか

どれだけ不思議なものか

どれだけ壮大なものか、、、

それを学びに来ているのではないでしょうか?


どんなに良くできたものでも、

そこに愛がなかったら、いつか、それは形が崩れ、

分解し、つまらなくなってしまう。



愛の創造

愛の地球つくり

愛の深い泉の水を汲んで

そっとこぼさないように

イメージの袋の中に注ぎ込んで

あなたに送ります

地球の片隅で、同じように

ずっと夢見て来たあなたに。



愛を湧き上がらせましょう

命を吹き込みましょう

あなたの想像力に

そして、歌いましょう

希望の歌を




"Imagine" - John Lennon - Tucson Tribute - (Sam Tsui / AHMIR cover)






Florence and the Machine - Cosmic Love






生きとし生きるすべてのものたちが

普遍なる愛を受けとれますように

いつも、見守ってくれている

宇宙の家族に気づきますように



心を開いて

周りの人達と、その愛を分かち合えますように


愛のない世界なんて

世界じゃない

愛のない宇宙なんて

宇宙じゃない

愛のない家庭なんて

家庭じゃない

愛のない夫婦なんて

夫婦じゃない

愛のない生命なんて

生命じゃない
[PR]

by lamteramoto | 2011-06-19 07:50 | Image Amour Musique

イタリアは反原発派が勝利し、フランスでも若者たちが動き始めました

d0176838_0383383.jpg

北イタリア、マジョーレ湖のほとりで、訪れた友人Sさんと仲間のF氏



昨夕、イタリアから戻りました。

滞在最初の3日間だけすごいいいお天気だったのですが、
それ以降は雨、雨、雨、、

でも、時々晴れ間があって、素敵な写真がとれました。

d0176838_0443775.jpg

d0176838_0462154.jpg

私の部屋の窓から

地球は苦しい時にもかかわらず、
まだこんなにも美と愛と豊かさを、私たちに捧げてくれていることを実感して
本当に涙が出ました。



イタリアではインターネット設置がまだなので、ちょっと情報から離れていました。

それでもイタリアTVで、いくつかの重要なニュースは聞きました。
(友人の説明から)


今日、早速、そのイタリアで行われた原発への国民投票で、
反対派が勝利したことを聞き、安心しました。

スイスは原発停止を決めたに関わらず、決行は30年後ということでがっかり!

スイスとドイツの国境にあるフランスのフェニックス原発センターは、
プルトニュームを使用している上に、建物が古くなっていて、
いつ事故が起こってもおかしくないとのこと。
友人の話では、ここで働いている作業員の間に自殺が増えているのだそうです。



原発推進派フランス政府に対し、デモが行われています。
パリ次回のデモは約5000人とのこと。(前回500人)
http://www.youtube.com/watch?v=NJ1j0kFTzHA
写真
http://www.flickr.com/photos/26460028@N02/sets/72157626817494425/show/


まだまだ、準備が充分ではありませんが、
私たち小さな小さなコミュニティも、
世界平和のワーカーとして、
光の仲間として、
スタンバイします。

どうぞ、よろしくお願いします。

まだ、コミュニティの名前が決まっていませんが、
私たちのベランダからの眺めは最高です。

d0176838_2283164.jpg

[PR]

by lamteramoto | 2011-06-14 00:51 | イタリア