カテゴリ:Image Amour Musique ( 38 )

SOS d' un terrien en détresse 苦しむある地球人のSOS

私がパリで育児にいそしんでいた頃、
ある人気歌手が亡くなりました。
乗ったヘリコプターが墜落したのです。
(ちょっと裏がありそうな感じがします)

ダニエル・バラボワンヌの『苦しむある地球人のSOS』

何故、生きるのか?
何故、死ぬのか?

何故、笑うのか?
何故、泣くのか?

僕は、上の方に惹かれて、鳥になりたい。

SOS d' un terrien en détresse
(苦しむある地球人のSOS )
Ajoutée par babouchka84 le 15 juil. 2011



この歌を唄い、人気最高潮の時にこの世を去ったもう一人の歌手、グレゴリー・ルマルシャル
ダニエルと同じくらいか、それ以上に歌唱力がある青年でした。
彼はすでに病を持っていたので、90%怪しいところはないと思います。
でも、彼の死は突然すぎるので、ひょっとしたら、、、
Grégory Lemarchal SOS d'un Terrien en Détresse F2 2
Ajoutée par rainouna le  8 mai 2009

[PR]

by lamteramoto | 2012-08-17 09:05 | Image Amour Musique

女性性の解放者だった、ピーナ・バウシュ

今日はフランス革命記念日、パリ祭の日でした。
朝、とてもいいお天気だったのが、急に雨が降り出し、変化にとんだ一日でした。
前夜祭は大雨で、花火大会はさんざんだったと思います。

実は、本当の革命が今現在、進行中なんですよね。
フランスの人たちは、どれくらいの人がそれを知っているのでしょうか?
過去の捏造された記念日を、また自慢に思っているのしょうか?

人間の集合意識の目覚めは、どのくらい進んでいるのでしょうか?

過去、私の怒りは大火山のようでした。
その怒りのエネルギーは、さまざまな活動や学びで、目覚める方向に流れ、
外にそれを向けるのではなく、自分の足下を変える努力をするしかないと悟ってから、
徐々に鎮まって行きました。

子供を守りたくて苦戦して、
女性差別や大衆メディアからの虐待に怒った。
何のために生まれて来たのか途方に暮れていた。

当時怒りまくっていた時代に、愛していたアーティストたちの作品やダンスを、Youtubeで探してみました。

ピーナ・バウシュ、
メレディット・モンク、
トリシャ・ブラウン、、

メレディットのおとぎ話風にしながら、根源的な音やリズム、
ボイスと合唱などの、遊びに似た軽いのりで、随分癒されました。

Meredith Monk - Dancing Voices (Oorsmeer / Big Bang Festival 2010)
Ajoutée par ZonzoCompagnie le 28 déc. 2010



トリシャの振り付けからは、感情を排し、まるで人々がミクロの世界に入って、細胞ダンスを楽しんでいるような、美しさと快感を与えられました。
残念ながら、ネットに出ているものには、私が感動したほどの作品はありませんでした。


トリシャとは全く対称的な、ピーナ・バウシュ。
感情をベースにした、異彩で偉大で強烈な作品群。
彼女の作品で、私は自分の性の問題を発見することが出来ました。

歪められ、奴隷化され、虐待を受けていた女性たちだけでなく、
多くの女性と同様、男性たちから、絶大な評価を得た、時代の寵児ピーナ。
彼女のワークの後、どんなダンサーが、どんなテーマで踊っているのか、久しぶりに興味が湧いて来ました。


ピーナのこのスケッチは、私の怒りの代弁をしてくれます。
最初はちょっと退屈かも知れませんが、中間からどんどん迫力が出て来ますので、女性性を軽く扱われている、あるいは卑下されていると思われている女性には、薬のような場面です。
また、女性の気持ちが分からない、と思っておられる男性方にもお勧めします。

Pina Bausch WALZER
Ajoutée par zeljkowsky le 11 nov. 2009
Aucune description disponible

http://www.youtube.com/watch?v=QrdwjIgakN0&feature=related


お時間がある時に、これもどうぞ。

Lilies of the valley
Ajoutée par JahanChannel le  2 oct. 2011
Lillies of the Valley - Jun Miyake. 
Pina - Wim Wenders (Germany)

[PR]

by lamteramoto | 2012-07-15 05:56 | Image Amour Musique

力とアート 男たちのダンス 

3つの素晴らしいダンサーとダンスチーム、ダンスシアターチームです。

男性たちが、思い思いに、表現することが盛んになって、嬉しく思います。

ただし、ダンスで世界一周をするアメリカ出身マットさんの作品は、純粋性を欠くと感じました。

<Where the Hell is Matt? 2008>の日本を紹介した映像を良くご覧下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=zlfKdbWwruY

欧米風のサービス係の服装をした若い日本女性たちの扱いが、日本をバカにする裏の魂胆があるとしか思わざるを得ません。100%の美しいものの中に、1%、毒を入れるというもの。
みなさんは、いかがでしょうか?
このプロジェクト、彼個人がお金を出して企画したとは思えませんし。。
人々とをうっとりさせながら、どさくさに紛れて、日本の若者たちがいかにアメリカの洗脳に侵されていて、「日本はおばかさんネ〜」と言わんばかり!
日本人の威厳を汚しています。
北朝鮮のシーンの方がまだマシだと思いました。


こちらの日本男児の武術ダンスをご覧下さい。
少しは気分が回復しますよ。
フランスのテレビショーで発表されたものです。

Kagemu- Paris -2011 - YouTube.flv

Publiée le  2 nov. 2011 par CafePcVideo



偶然発見したダンスシアター。
なかなか思い白い。今の状況を浮き彫りにしています。

BABEL(words)
Sidi Larbi Cherkaoui & Damien Jalet OFFICIAL


Ajoutée par Eastmanvzw le  3 févr. 2011




最後に、有名な須藤元気さんのグループ
2011年7月10日、ロスで開催されたマイクロソフト主催WPC2011のオープニングイベントに出演した際のパフォーマンスPV.

WORLD ORDER in WPC 2011

Ajoutée par crnaviofficial le 27 juil. 2011



日本男児、ふれ〜ふれ〜ふれ〜!!!!!

[PR]

by lamteramoto | 2012-07-14 02:25 | Image Amour Musique

Canto Della Terra (Song of the Earth) Andrea Bocelli &Sarah Brightman

Canto Della Terra
Andrea Bocelli



Ajoutée par denvercx le 27 sept. 2006



Canto della Terra (Song of the Earth)

Yes I know
My love, that you and me
Are together briefly
For just a few moments
In silence
As we look out of our windows
And listen
To the sky
And to a world
That's awakening
And the night is already for away
Already for away

Look at this world
Turning aroundo, with us
Even in the dark
Lood at this world
Turning around, for us
Giving us hope, and some sun, sun, sun

My love, wherever you are, my love
I hear your voice, yet I listen to the sea
It sounds just like your breathing
And all the love you want to give me
This love
That is there, hidden
Hidden among the waves
All the waves in the world
Just like a boat that...

Looks at this world
Turning around, with us
When in de dark
Look at this world
Turning around, for us
Giving us hope, and some sun, sun, sun
Some sun, sun,
Look at this world
Turning around, with us
Giving us hope, and some sun
Mighty sun
Mighty sun


Ajoutée par kenntyovanny13 le 15 mai 2011

[PR]

by lamteramoto | 2012-07-12 08:34 | Image Amour Musique

猿がネコの子を守っている 人間は?

猿がネコの子を守っている
トラが猿の子を守っている
人類は自分の子供たちを守っているか?


バリ島のサルはネコを飼っている/超癒される不思議なカップル
2011年8月29日
http://youpouch.com/2011/08/29/130022-2/


Monkey adopts orange kitten




トラが猿の子を、ハイエナから守ろうとしている場面
Leopard saves baby baboon


私たち人類は、いつ、自分の子供たちを守れるようになるでしょうか?
[PR]

by lamteramoto | 2012-07-03 18:01 | Image Amour Musique

ミステリーサークル ついにFLOWER OF LIFEのサイン

ミステリーサークル 
ついにFLOWER OF LIFEのサイン


ミステリーサークル、空から、サインを送り続けてくれる宇宙生命体。
彼らの努力は、半端じゃないですよね。
私たちも、頑張りましょう〜☆☆


イギリス 2012−7−1
FLOWER OF LIFE CROP CIRCLE 1st July Waden Hill, Nr Avebury, Wiltshire , UK




イタリア 2012−6−25
Amazing New Crop Circle 25th June 2012 at Fabricco (Reggio Emilia) Italy !!!




変わらないメロディ:南米フルート
Unchained Melody - Pan Flute Version

[PR]

by lamteramoto | 2012-07-02 07:35 | Image Amour Musique

ちょっとパリのミュージックホールで息抜きしよう

ここのところ、緊張していましたので、
ちょっと息抜きします。

また、すぐ、戻ります。


フランスのシャンソン、お好きですか?
エディット・ピアフの生まれ変わりのような歌手が、今、注目されています。
そっくりなので、お楽しみください。
ベロニック・ディケールさん(カナダ出身)です。

Edith Piaf



ヴァネッサ・パラディとパトリシア・カースのものまねも上手ですよ。
Véronic Dicaire imitation Vanessa paradis, Patricia kaas



ニセモノでも、本物そっくり、とか、それ以上にできるとか、ありますよね。

闇を光に変える素敵なこと、

日常の中で見つけましょう〜☆〜☆
[PR]

by lamteramoto | 2012-06-29 08:26 | Image Amour Musique

平和を願う歌を、心の底から歌いましょう 

平和を願う歌を、心の底から歌いましょう

毎日
毎日
毎日

毎日、ただひたすらに、平和を願いましょう〜!!!

生きとし生けるすべての命の、幸せを願いましょう〜☆

私たちの願いを邪魔するすべての邪悪な生き物の、退場を願いましょう〜!!!

私が私の真の約束を思い出せるよう

深く眠っている崇高な遺伝子が目覚めるよう

天と地の間に、立ちはだかっている壁が崩れるよう

闇が光に道を開けるよう

固いつぼみが、やわらかく開くけるよう

絶望が希望に変わるよう

恐怖が愛に溶けるよう

あなたの中にも

私の中にも

変化の鐘が鳴り響きますように〜☆



平和の鐘 【合唱】 歌詞付き





時の旅人 歌詞付き

[PR]

by lamteramoto | 2012-06-25 06:58 | Image Amour Musique

妖精ビョークの宇宙は今‥(2)

そうそう、女神再来の露払いは、アイルランド出身のエンヤさんの貢献が大きいかもしれませんね。

ビョークの貢献というのは(私の個人的感想です)、恐れを抱かない、天真爛漫なインナーチャイルドを輝かし、みんなにもある天童の存在を見せてくれたことです。彼女が体を張って、どんな脅しにも、どんな圧力にも屈っしずに、「ホラ、簡単だよ〜、誰にも出来るよ〜」って言ってくれたように思う。

彼女のDVDアルバムを息子たちに買ってあげて、自分もこっそり見たりして、私のうちなる忘れられていたインナーチャイルドを喜ばせてあげました。

そんな折、彼女の出演した『ダンサー・イン・ザ・ダーク』という映画がカンヌで賞をとり、なんと女優演技賞をもらったというニュースをTVで見たのですね。それで私も近所の映画館で見たのですが、最後はもう完全に怒って、プンプンで映画館を出て来ました。ストーリーもわざとらしさがあって、とても付いて行けませんでした。才能と若さを憎む殺し屋に、ビョークは捕まってしまった、と思わずにはいられなかった。

怖い物知らずの天童であり、妖精であるビョークによって、多くの若者が自分自身のセンターに目覚め始めていたに違いない。そうなって欲しくない存在がいたら、当然、このような罠を投げるに違いないのです。彼らは天使のような子供たちを、とって食べたい人達なのです。だから、彼女がその後、異様にジャーナリストに対して、保身になったり、攻撃的になったりしたのはそのためだと思います。

この映画監督は彼女のDVDの一シーンを見て、次の映画のキャストに使いたいと思った。
結局、彼女の才能を盗もうと思っただけの、諜報員だった、そんな魂を売った偽作家、うようよいるから、気をつけないといけませんね。



ビョークは、カンヌ映画際で賞を獲得したが、本人は「もう映画はこりごり、今後、一切、映画には出ない」と発言していました。撮影の最中、そうとう絞られたらしい。可愛い子を苛めたい、とか、犯したくなる、とか、このたぐいの男性、本当に多いのですね、ヨーロッパは特に。


それにも、関わらず、誤解を恐れずに言いますと、ビョークはこの類いの男性に、2度も捕まってしまったのではないか。。。それは現在のパートナーが彼女を出演させて作った作品「__」(無視してくさい)を見て直感で感じた。波動が悪い。しかも、彼女が好きだった日本を、痛めつけられ、破壊するテーマだった。血も凍るような映像。どうして、ビョークはこの手の男性に捕まってしまうのか?


それは、私たちの女性性が、過去にそうであったことの体験を、見せてくれるいる?


今、現在のビョークの音楽は、一体、どこから来る物なのでしょう?

う〜〜ん、ひょっとしたら、3度目の危機かもしれない(冷や汗;)

ケルトの女神のハートと現代のテクノロジーを繋げる冒険は、素晴らしいと思う。

しかし、大変、危険でもある。
無事を祈りたい。

体を張って、暗黒のエネルギーと闘ってきた彼女。
その彼女のお陰で、祖国は守れた〜??
そう思いたい。


このbig time sensualityには恐れいいりました。



今後の彼女の音楽活動が、若者の脳を破壊する方にいかないように祈ります。
彼女の初期の挑戦は、成功したと言っていいと思います。
でも、道はオープンしたばかり。

これからは、彼女一人が自分を盾にしないで、私たちも若者たち全員、自らの挑戦によって、地球の美しさ、大自然のダイナミックさを発見し、それぞれクリエイトして行かなければならないと思う。

スターシステムの終焉に乾杯!



アイスランド革命 借金奴隷金融制度からの脱却


オノ・ヨーコさんが、レノンのアイデア『光の塔』をアイスランドに建てたりしていましたね。そしてアイスランドは原発ではない、地熱発電で賄っているということも聞いています。この技術は日本製なので、彼らはどうして日本はまだ原発などに頼っているのか?と不思議に思っているようです。


アイスランドの次はギリシャでしょうか?

その次はイタリア? スペイン?

そしてEU経済の崩壊でしょう。


あるチャネリングメッセージでは、「ケルトの女神が戻った。これからはアイルランド(アイスランドではなく)から、変革の波が広がる」という報告もあります。

「ロード ・オブ・ザ・リング」の主題曲を歌ったエンヤさんの祖国ですね。
彼女は、ビョークが身を張っていてくれたお陰で、闇からの攻撃を免れた? 
これから、古代の女神のスピーカーとして光を広げて行く事でしょう。

もちろん、ビョークの、怪しい目があるコスモゴニーのサイトも、徐々に神聖な輝きが戻って来るでしょう。
傷ついたインナーチャイルドと女性性のハートが、どんどん癒され、
逆に、男性性を癒してあげられる力を盛り返す時が来ています。

読んで頂いて、ありがとうございました。

最後に、エンヤさんの奥の細道をテーマにした歌を贈ります。


Enya - sumiregusa エンヤ 菫草

[PR]

by lamteramoto | 2012-06-12 23:42 | Image Amour Musique

妖精ビョークの宇宙が今‥(1)

妖精がただのおとぎ話ではないアイスランドという国で、ビヨークは生まれました。

この国の人達と小さな生き物たちとの関係を探ったドキュメンタリー映画を、17、8年
前に、息子に誘われて見に行きました。

ビョークは、妖精や古代の女神たちのエネルギーを表現するために、生まれたような感じがします。

「今日のテーマは『ビヨークの宇宙』だぞ〜!」って思って、ネットで彼女のサイトを探したら、びっくり〜!!

http://bjork.com/

本当に宇宙時代に突入してしまっているビヨークのサイト。早速、登録しました。

彼女の祖国アイスランドなまりいっぱいの英語も、とってもチャーミング。
彼女はエスキモーの血が入っているんだそうです(息子から聞いたんだけど)
小さいときから音楽に才能を発揮し、4才のときから作曲、12才でスターになった。
日本人に似ているといわれ、日本に興味をもち、三島の小説を読んでいたようです。

時代の風雲児であるビョークは、レノンとは違う意味で、権力側から睨まれる存在だったと思われる。
レノンの場合のように、頭が狂ったファンが彼女を殺そうと、爆弾を送る。
しかし、運良くその危険な荷は、彼女に届く前に警察から発見される。

今だから分かるけど、このような精神の弱い若者に波動操作し、暗黒勢力の邪魔になるライトワーカーたちを抹殺してきた非物質存在たち、そんな奴らが本当にいるという。未だにまだ排除されていないらしいが、もう、決して、彼らの思いどおりになってはいけない。

今回、何故か、彼女が気になって、ネットで探していたら、息子たちのアイドルだった15年前頃の時から、またぐ〜んと成長変化をとげていました。

どんな風になったかは、次回で。

まずは、彼女の妖精時代の最後、女神の到来を思わせる、ギリシャ・オリンピックでの開会式からご紹介します。


Bjork Greece Olympic opening ceremony 2004




ロンドンでのコンサート(アンコールサービスを先に紹介します。劇場の雰囲気が好きです)
Björk - It's in Our Hands




地球の女性性エネルギーが目覚めるとき
Bjork-Hyperballad (official videoclip)+Lyrics to sing along with Bjork!




地球と私たちのハートがつながっているというメッセージ
Björk - Jóga (Official Music Video)




ワンネスを思わせる題名、アジアのシャーマンを思わせるコーラスと、テクノロジー音楽との調和が楽しい
Bjork Unison(Live in Royal Opera House London)




2012年の女神再来のための露払いをしたのは、誰だったのでしょうか?

私の個人的意見ですが、露払いはともかく、21世紀のためのメッセンジャー・アーティストとしては、マイケル・ジャクソンよりも、レノン&ヨーコよりも、セルティク・ウーマンよりも、ノラ・ジョーンズよりも、、、誰よりも、誰よりも、貢献したのは、彼女、ビョークだったのではないかと思うのです。

その訳を次回書きます。
お楽しみに。

(2)へつづく
[PR]

by lamteramoto | 2012-06-12 06:39 | Image Amour Musique