カテゴリ:Info d'unrgence 緊急情報( 58 )

La fin de la force sombre depuis 25000 anse

La fin de la force sombre depuis 25000 ans



Blog Portal 2012
http://2012portal.blogspot.fr/2012/05/fall-of-archons-normal-0.html#comment-form



Chute des Archontes

J'ai eu quelques doutes quant à l'affichage de cette titre car il peut être choquant pour certaines personnes, mais je fus néanmoins invité à le faire. Les événements des derniers jours m'ont convaincu que le moment est venu de libérer. Je ne suis pas ce détachement à semer la peur, mais d'informer. Si nous sommes conscients de la situation, notre conscience unifiée sera capable de transmuter et de dissoudre. Il s'agit d'une image assez complète de l'état des affaires entre l'obscurité et les forces de la lumière de la victoire ultime.

25.000 ans, les forces sombres de la Terre a créé la quarantaine et ont pris en otage l'humanité. Ils ont créé un système de réalité virtuelle de contrôle que personne ne puisse s'échapper. Ils ont piégé les êtres de lumière qui ont un lien avec la Source, à alimenter cette création virtuelle.

Ce système de réalité virtuelle de contrôle est toujours en place dans une certaine mesure et est habituellement appelé la Matrice. Sur le plan physique, la commande est maintenue par le biais d'Orion-babylonien de la dette basée sur le type du système financier et l'esclavage grâce à la programmation des médias de masse l'esprit. Sur les plans éthérique, astral et mental, la commande est maintenue avec la distorsion des chambres électromagnétiques de l'espace-temps semblables à ceux utilisés dans l'expérience de Philadelphie. Ces chambres de créer l'illusion d'un système en boucle fermée qui semble être éternelle et c'est la raison pour laquelle les êtres si peu soient être mis en liberté / libération / éclairé.

La matrice est géré par des êtres, appelés Archontes (du grec pour les dirigeants). Ils sont des êtres qui sont venus de la galaxie d'Andromède et choisi d'expérimenter l'obscurité. Ils ont refusé de se reconnecter avec la source. Grâce à des millénaires, ils ont créé la race reptilienne draconienne et grâce au génie génétique pour les utiliser comme esclaves guerriers à étendre leur empire sombre.

La planète Terre est la dernière planète de cet empire sombre pour être libéré. Il y a très peu de Archontes restent sur la planète Terre.

Sur les plans éthérique et astral, ils sont connus comme Seigneurs du Karma. Ils sont ceux qui décident dans une large mesure le chemin de vie de la personne qui incarne. Ils choisissent nos parents et dans une certaine mesure de déterminer nos conditions de vie. Ce système de programmation est connu comme le karma. Grâce à la technologie de génération de forme d'onde sur le plan astral, ils manipulent courants astraux des énergies planétaires et les utiliser pour malveillantes influents astrologiques. Ils maintiennent la structure déformée espace-temps avec des implants qui ont créé l'espace-temps anomalie trou noir, nuisant, ainsi à l'esprit et les émotions humaines. Les implants sont des cristaux programmables qui ont été mises en corps mental, astral et éthérique de chaque être humain sur la Terre avec de fortes appareils électroniques.

Sur le corps éthérique et la base des plans astraux, leurs administrateurs draconiennes maintenir la technologie d'intelligence artificielle qui garde la matrice en place. Il dispose d'un système d'alerte si un être éveillé crée un trou dans cette matrice avec sa lumière, Draconians envoient un guerrier esclave Reptilien à exercer des pressions sur les points faibles de cette psychologiques réveillé étant d'abaisser sa vibration et donc proche de ce trou. En outre, ces guerriers esclaves Reptilian constamment exercer une pression sur l'esprit et les émotions d'êtres humain incarnées sur la Terre afin d'empêcher leur croissance spirituelle et à supprimer leur lutte pour la liberté. Si cela ne suffit pas, ils envoient des amibes comme des êtres élémentaires qui mettent une pression supplémentaire. Tous ces êtres négatifs se cachent habituellement dans les plis de la structure espace-temps distordu sur les plans astral et éthérique:

Leur pouvoir est dans la peur et agendas cachés. Ils perdent tout pouvoir dans le visage de la lumière, la vérité et le courage. Si nous sommes conscients de tout cela sans crainte, la lumière de notre conscience va redresser ces plis dans la structure de l'espace-temps et tous ces êtres négatifs seront supprimés de l'espace astral et éthérique de la planète Terre:
http://www.ascensionhelp.com/blog/2012/01/31/never-call-them-archons/

Sur le plan physique que les Archontes sont incarnés dans l'organisation de Jésuites et spirituellement ils contrôlent leurs administrateurs (Illuminati draconiennes qui exécutent le système financier), de leurs guerriers (mercenaires reptiles qui protègent les Illuminati) et de leurs esclaves (l'humanité qui fonctionne pour eux dans leur 9 - 5 emplois). Grâce à des sociétés jésuites et les francs-maçons du 33ème degré qu'ils détiennent la structure Illuminati ensemble. Cette structure est enfin en train de s'effondrer.


[PR]

by lamteramoto | 2012-05-12 05:01 | Info d'unrgence 緊急情報

目覚めましょう、私たちを騙している嘘に

全部が嘘だった!?




[PR]

by lamteramoto | 2012-05-07 18:45 | Info d'unrgence 緊急情報

経済システムの再構築:コブラ・ブログより

経済システムの再構築


抵抗運動ブログ:コブラ
2012年4月28日
http://2012portal.blogspot.fr/2012/04/normal-0-microsoftinternetexplorer4_28.html

この情報のほとんどは、経済界深くにいるソースからのもので、世界的な経済システムの再構築に関するものである。これはこのイベントの開始の日からの実際の作戦の一部である。

リセット

第一日
FRBに対する圧力が臨界に達すると、FRBはその詐欺的な運営による負債を返済するよう迫られる。FRBは負債を返済する資金を持っていないので、破産に至る。これが連鎖反応を引き起こし、BIS、IMF、世銀、及び世界中の中央銀行も破産する。

市場に見られる極度の脆弱性が世界中の証券市場を破壊させる。ニューヨーク証券取引所を含む証券取引は停止する。オプション、クレジットデフォルトスワップなどのすべての金融手段は、無に帰す。

全ての裏口座は閉鎖され、無に帰す。カバールのすべての公共銀行口座は捕捉される。全ての差し押さえは凍結され、公共及び私的な負債である、住宅金融、ローン、クレジットカードによる借金も同じである。

第二~第七日
銀行は閉鎖され、不安と混乱が渦巻く。ビジネスのうち、一時的に閉鎖されるものも出てくる。あるものは継続して現金を受け入れるが、他のものは金貨あるいは銀貨のみを受け入れる。クレジットカードは、システムが消滅するので受け入れられない。流通チェーンには、あまり大きくは無いが問題が生じるので、食料とガソリンを備蓄しておくのが賢明である。

再建

イベントの約一週間後流通チェーンには、依然として軽い問題が残っている。

新経済システムが導入される。これは山下ゴールドに裏打ちされている。このゴールドは、今は開示されてない場所に保管されている。山下ゴールドは、開かれた市場で取引される。USドル、英ポンド、スイスフラン、日本円、中国元のような通貨バスケットが新しいシステムの基礎となる。

FRBとの関係が強くない銀行で、破産しなかったものは、再開されるが、金利を取ることは許されない。これらの銀行の取引は、大衆に対して完全に透明なものとなる。証券市場は、再開されない。

通貨交換率の再評価が行われる。これは種々の通貨の間の交換率の変化を意味するが、劇的なものではない。交換率は、国の生産性の真実の姿に近づく。イラクディナールの価値は、多くの人の思惑に反して、あまり高くはない。FRBの紙幣、ユーロ、他の紙幣は、数ヶ月後に消滅し、新しい通貨が流通するまでは、広く受け入れられる

公正なビジネス契約と世界的な責任は有効に維持され、尊重される。カバールとの犯罪や詐欺に関わる取引は、抹消され、無に帰す。

数週間のうちに、多国籍企業は、株の買い戻しを余儀なくされるので、破産に至る。これらの企業の健全な部分はその本来所属する国によって国有化される。

世界的決算基金が導入される。この基金は、ポジティブな軍からの70兆ドル、白竜会とテンプラーグループからの100兆ドル、抵抗運動からの120兆ドル、及びサン・ジャルマントラストからの10兆ドルからなる。世界決算基金にはカバールのあらゆるお金と資産も含まれる。

世界決算基金は、多くの目的のために用いられる。まず、全ての世界中の国家、公共及び私的な負債は返済される。その後、全ての人々には、かつてのカバールによって行われた犯罪と詐欺の全てに対する補償金が支払われる。その後豊穣ファンドが開設され、人間性の回復、環境の改善、新技術プロジェクトのための裏づけとなる。サン・ジャルマントラストの一部は直接ライトワーカーに行き渡り、残りは、ファーストコンタクトに関係するプロジェクトに使われる。

オリジナル
http://lightworkersxm.wordpress.com/

翻訳:たきさん
http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/bc7448cb580f755a7c523caec42b5e1a

[PR]

by lamteramoto | 2012-04-29 18:49 | Info d'unrgence 緊急情報

Jour de la libération de la Terre

Jour de la libération de la Terre

5 mai 2012
http://2012portal.blogspot.com/


Le temps de l’action est arrivé.

Il est temps de prendre le destin de notre monde entre nos mains ! Donc, nous nous rencontrerons en groupes, petits et grands, en tant qu’individus ou couples, au moment même de la pleine lune du mois de mai.

Nous serons des millions à nous rassembler et à visualiser la libération de notre planète de la tyrannie des banquiers afin que, pour la première fois de notre histoire, nous ayons la chance de créer notre propre destinée, en tant que citoyens libres de la Terre.

Il y a un plan, conçu par des gens positifs du monde militaire supportés par des autorités civiles, afin d’arrêter les membres de la cabale banquière pour leurs crimes contre l’humanité.

Notre visualisation supportera ce plan afin qu’il se manifeste le plus rapidement possible et de manière aussi douce et non-violente que possible.

Nous supporterons les braves héros qui mettront ce plan à l’œuvre. C’est quelque chose qui ne s’est jamais produit sur cette planète. Voici notre chance d’y prendre part.

L’effort de masse que nous ferons ce jour-là sera le déclencheur qui activera ce plan pour qu’il se concrétise.

Notre visualisation sera notre déclaration de liberté et d’indépendance. Répandez ce message ! Partagez-le avec le monde entier !

Nous ferons cette visualisation en même temps, au moment de la pleine lune, qui aura lieu le 5/6 mai.

L’heure exacte, selon les différents fuseaux horaires sont :
8:30 pm UTC-8, 5 mai (Los Angeles)
9:30 pm UTC-7, 5 mai (Denver)
10:30 pm UTC-6, 5 mai (Houston)
11.30 pm UT-5, 5 mai (New York)
4:30 am UTC 0 , 6 mai (London)
5:30 am UTC+1, 6 mai (Paris)
11:30 am UTC+8, 6 mai (Beijing)
12:30 pm UTC+9, 6 mai (Tokyo)
1:30 pm UTC+10, 6 mai (Sydney)


Instructions:

1. Détendez votre esprit et votre corps en observant votre respiration durant quelques minutes.

2. Visualisez les autorités civiles arrêtant les criminels banquiers majeurs tels que les Rothschilds et les Rockefellers et d’autres membres de cette cabale tel que Henry Kissinger, etc. Visualisez ce processus prenant place dans le monde entier, pacifiquement et doucement. Visualisez le monde comme étant enfin libre de l’esclavage financier, libre de tous dictateurs diaboliques et de politiciens corrompus. .

3. Visualisez un brillant futur pour l’humanité, avec un nouveau système financier équitable, ayant aboli toutes les dettes, avec des fonds de prospérité distribués aux projets humanitaires, avec la divulgation de technologies avancées, avec un écosystème guéri et des êtres humains enfin libérés de toute oppression.
Limitation de responsabilité : la date de cette visualisation ( 5 mai ), n’est probablement PAS la date où les arrestations de masse auront lieu..

Pour plus d’informations sur les arrestations de masse :
http://2012portal.blogspot.com/2012/04/freedom-reigns-mass-arrests-for-cabal_9155.html

Mises-à-jour sur le Jour Mondial de la Libération ::
http://2012portal.blogspot.com/


Traduction: Michelle



[PR]

by lamteramoto | 2012-04-29 00:53 | Info d'unrgence 緊急情報

THRIVE 無料公開

THRIVEがyoutubeとネットで無料公開(4月5日から)








(Official Movie) THRIVE: What On Earth Will It Take?





(Français) THRIVE : Mais Que Faut-il Donc Pour Prospérer?





(THRIVE 日本語) スライブ—いったい何が必要になるのか


[PR]

by lamteramoto | 2012-04-09 08:07 | Info d'unrgence 緊急情報

UFO DISCLOSURE PROJECT-後半 日本語翻訳付き

<UFO DISCLOSURE PROJECT-2日本語翻訳.mp4
引用元:http://ettechnology.web.fc2.com/video.htm

これは2001年5月9日、米国の首都、ワシントンにあるナショナル・プレス・クラブで、20余人のUFO、ETに関する直接体験をした証人を集め、
政界人や世界の著名なメディアの参加のもとで、
CSETIが「秘密公開」に向けて行った記者会見を録画したビデオを翻訳したものである。



UFO DISCLOSURE PROJECT-6



UFO DISCLOSURE PROJECT-7



UFO DISCLOSURE PROJECT-8



UFO DISCLOSURE PROJECT-9



UFO DISCLOSURE PROJECT-10

[PR]

by lamteramoto | 2012-03-15 06:39 | Info d'unrgence 緊急情報

UFO DISCLOSURE PROJECT-前半 日本語翻訳.

<UFO DISCLOSURE PROJECT-日本語翻訳.mp4
引用元:http://ettechnology.web.fc2.com/video.htm

これは2001年5月9日、米国の首都、ワシントンにあるナショナル・プレス・クラブで、20余人のUFO、ETに関する直接体験をした証人を集め、
政界人や世界の著名なメディアの参加のもとで、
CSETIが「秘密公開」に向けて行った記者会見を録画したビデオを翻訳したものである。



UFO DISCLOSURE PROJECT-1



UFO DISCLOSURE PROJECT-2



UFO DISCLOSURE PROJECT-3



UFO DISCLOSURE PROJECT-4



UFO DISCLOSURE PROJECT-5

[PR]

by lamteramoto | 2012-03-07 01:33 | Info d'unrgence 緊急情報

五井野正スペシャル講演

五井野正スペシャル講演
2012年 2月18日
データと映像でつづる真実の世界


http://www.artmedia-1.biz/lect_tadashi-goino-special.html

私は遠くて参加できませんが、
どうぞ、みなさま、是非、ともお見逃しなく。

場所:東京、新宿 ベルサール新宿 セントラルパークホールA
時間:12h〜18h30
料金:15000円

詳細はこちらへ
http://www.artmedia-1.biz/lect_tadashi-goino-special.html


共同講演者の池田整治さんの御本を今、読んでいますが、
真実を知るための様々な隠されて来た歴史や事件、陰謀が
池田先生の流麗な文章で、解き明かされています。
素晴らしいです。感動します〜!!
映画『Thrive』で、浮上している話を、
池田さんの書籍『マインドコントロール』で読まれると、
「やっぱり、本当のことなんだ〜!!!」と
目からウロコです。

池田整治さんのHP
http://ikedaseiji.info/
麗しい写真集
https://skydrive.live.com/?cid=aba6ea878c935265&sc=phot
os



五井野博士の投稿『科学から芸術へ』
私たちの意識をレベルアップさせてくれる重要なステップです。
月刊『ザ・フナイ』を是非、お読みください。
http://www.funaimedia.com/the_funai/shosai.html#goino
http://www.funaimedia.com/the_funai/index.html




パリにもやっと五井野博士の存在に注目する仲間ができました。

ちいさな集まりに『ミモザくらぶ』と名づけました。

ひまわりのような偉大さはないけれど、小さな花が寄り集まってこぼれるように咲くミモザは、ひまわりと同じ黄色。

希望の輝きを可愛らしさの中に秘め、冷たい野にもたらすアカシアの一種です。



先日、ミモザの一枝を近所の花屋さんからいただいたことがきっかけで、この名前になりました。

茶道の話をし、ミモザを飾りたいと言ったら「切り花のミモザはなけど、じゃあこれを」と言って、立派な植木から、一枝を切って目の前に差し出されて、本当にびっくりしました。

その1、2時間後に、私たちの集まりが始まったのです。

集まったのは、私を入れて日本女性ばかり3人。3人に声をかけ2人来てくれました。

大成功です。
[PR]

by lamteramoto | 2012-02-16 19:08 | Info d'unrgence 緊急情報

お知らせ「五井野正博士芸術講座」

五井野博士による芸術講座開催


緊急のお知らせです。

五井野正博士による芸術講座が2月5日(日)午後5時より、京都市国際交流会館で行われることになりました。


ご都合のつく方は、ぜひご参加ください。
博士御自らの芸術講座は、そう簡単に聴けるものではありません。


http://www.artmedia-1.biz/lect_tadashi-goino_120205.html



■「五井野正博士芸術講座」のお知らせ

■日時:2012年2月5日(日)17:00(受付16:30)~19:00(予定)

■会場:京都市国際交流会館 特別会議室

 京都市左京区粟田口鳥居町2-1
 Tel 075-752-3010
 地下鉄東西線蹴上駅徒歩6分

 会場所在地地図

■会費:10,000円(当日受付にてお支払い下さい。)

■お申込み:(株)アートメディア宛てに、お名前、ご住所、電話番号をご連絡下さい。

 ・電話:03-6268-8033

 ・FAX:03-6268-8034 お名前・住所・電話番号を明記の上FAXして下さい。

 ・E-mail お名前・住所・電話番号を明記の上送信して下さい。
       折り返し確認のメールをお送りします。




^^^^五井野画伯について、池田整治さんのHPからご紹介します


船井幸雄.comコラム「21世紀ヤマトごころの部屋」
DQL04771@nifty.ne.jp

(略)

 ちなみに、その「真実」をあきらかにして、歌川派を復活させたのが、五井野正画伯・博士なのです。つまり、五井野博士が、日本本来の江戸ユートピア市民社会を歴史上世界に再登場させたのです。その流れで、東藝術倶楽部という勉強会が黒木代表の提唱で起こったわけです。江戸の士農工商、老若男女が同じ人間という平等の立場で楽しく仲良く行っていた「江戸勉強会」の再現です。ここでは、年齢・身分・階級などを聞くのは無粋ものと思われました。


 ところでゴッホに初めて浮世絵を見せたのは、娼婦であった奥さんと言われています。当時のフランスでは女性の6人に一人が娼婦と言われ、ずっと社会の底辺にいたわけです。ところが、日本では花魁(おいらん)に代表されるように、お姫様にもなれる。そういう意味でも、ゴッホは、天国日本に仲間を引き連れて奥さんともども来たかったのです。
 その日本への夢の「ツアー」を象徴的に描いたのが、ゴッホの「雨の橋」(広重の浮世絵「あたけの夕立」の模倣と言われている)なのです。描いた川は三途の川でもあり、橋の手前がこの世のフランス、向こう側が彼岸・天国の日本なのです。ゴッホは、日本のわび・さび、そして輪廻転生もわかっていたのです。
 ゴッホがついに描けなかった「6本の向日葵」とは、そのツアーの絵で橋の上に描かれているゴッホ自身も含む6人を意味します。橋の上で、ゴッホが仲間5人を日本に連れて行っているのです。
 もちろん、ひまわりは日本であり天国も意味します。その「六本の向日葵」をゴッホの代わりに、ゴッホの魂とともに描いたのが五井野正画伯作の「六本の向日葵」なのです。
 その五井野画伯の絵は、印象派を超えた心情派として世界で評価を受け、エルミタージュの美術館でも個展がひらかれました。生存画家で個展をひらいているのは、世界で五井野画伯だけです。



^^^^^^^^

江戸庶民の素晴らしさは、前回、ここのブログでもご紹介しました。

日本人の私も、自国の文化がいかに素晴らしい物だったか、今、やっと本当のことが分かり始め、嬉しく思っています。

『花魁』についても、昨年、秋にパリで日本文化の祭典があり、『花魁ショー』というものも初めて見る事が出来ました。思ったより美しく、花形の花魁になった方の美しさにみとれました。


^^^再び、池田整治さんのブログから


 明治維新の前と後で日本のユートピア社会がいかに劣化していったか。吉原等「花魁」で証明します。
 吉原等遊女と聞くと、小さいときに貧しい農家から身売りされた可哀想な少女たちと連想します。それは、「女衒(ぜげん)」という映画や、ドラマ、そして大衆小説家たちの作品を通じて、私たちの先入観として「刷り込み」されているからです。
 実は、これらの作品群すべてが、明治維新以降のものだと改めて考えたことがありますか? つまり、明治維新以降の実態を表現しているのです。それを、江戸時代はもっと酷かったと、かってに想像しているに過ぎません。万事が全て同じです。
 江戸時代は、子どもを「預けた」のです。しかも25歳までと決まっていました。その間、読み書き、躾、お茶、生け花、琴、三味線、社会常識、花鳥風月の情緒教育等々一流女性としての教育を受けます。さらに一番上の太夫になるには、思いやり等の「人間性の高さ」が決定的に重要でした。
 このような女性としての最高の資質と知識教育を受けた女性たちは、非常に人気でした。今で言う大手プロダクションのスターたちと言えます。しかも教養も人間性など心の中味もトップクラスです。だから25歳で卒業すると、ほとんどが武士の妻になっていったのです。中には3000石の大名のお后になった花魁もいます。
 フランスの一生涯人非人として蔑(さげす)まされた貧しい娼婦とは天国と地獄の差です。だからゴッホは、娼婦であった妻とともに日本に行くことが生涯のかなわぬ夢だったのです。
 ところが、明治維新以降は、悪しき西欧を見習ったお金第一主義の社会となりました。文字どおり、貧しい家庭から少女を「買って」きたのです。そこには、日本文化の自然との一体感の「情緒」は消え、人をも商売のモノとして捉える「エゴ」しかありません。江戸時代は人を「人間性の高さ」で評価していました。ところが明治維新以降は、「お金」で判断するようになりました。それがさらに劣化したのが、現代日本社会と言えるのではないでしょうか。

^^^^^以上で転載、終了


突然なお知らせで申し訳ありません。

ご都合の着く方は、是非、参加して下さい。
[PR]

by lamteramoto | 2012-02-05 00:05 | Info d'unrgence 緊急情報

フランス元環境相:福島の女性たちに送る緊急メッセージ

コリンヌ・ルパージュ元仏環境相の福島の女性たちに送る緊急メッセージ

Message de Corinne Lepage
-Ancienne ministre de l'Environnement de la FRANCE

http://youtu.be/9vCMMSQmy5M



拡散希望>

コリン・コバヤシ氏からメッセージ

コリンヌ・ルパージュ元仏環境相が緊急メッセージを今日録画させてくれました。

日本語字幕をつけました。

テント村関係のできるだけ多くの方々が見てくださるように、拡散してください。

http://youtu.be/9vCMMSQmy5M






"No More Nuclear Power"
100 Women from Fukushima: A Sit-in Action in Tokyo



[PR]

by lamteramoto | 2012-01-30 02:03 | Info d'unrgence 緊急情報