何故、福島原発事故は真実が隠されたのか?

東北震災から4ヶ月が過ぎました。

「ただちに健康には影響ない」
という文句がレピートしていたメディアの情報から、
急に「実は、、、」という新しい事実が公表されてきました。

その新しい事実は、一体本当なのでしょうか?

今日は、半日をかけて、広瀬隆さん学習会
「福島原発事故の本質-いまそこにある危険-」in 福島大学

というVDを見ました。

凄まじい真実を知りました。

そして、これからもっと大きな地震が来る、というストーリーも
天からの『預言』ではなく、
過去からの地震のデーターを研究し、
海底のプレートの状態と位置を調べた真撃な取り組みをして来た
1人の誠実な日本人の『予想』ですが、
それは、天の『預言』と全く同じものでした。

高次元からのメッセージは、多くは繰り返しません。
細かい事も言いません。

だから、私たちは心に響く一言の言葉を深く、
注意深く、探っていくことをしなければなりません。

一人一人が、謙虚に、真実に向かっていれば、
かならず、同様な仲間の真実に出会い、
一人が二人に、二人が三人に、
そして十人から百人、千人と広がっていくことになるのでしょう。


広瀬隆さんという誠実な、運動家の話に耳を傾けてください。

「福島原発、何故事実を隠したかったのか?

それは日本全土の原発54基の耐震性パックチェックが、
すべて吹っ飛ぶことが証明されるからである」


広瀬隆さん学習会「福島原発事故の本質-いまそこにある危険-」in 福島大学
  
<前半>


Video streaming by Ustream



  <後半>


Video streaming by Ustream
[PR]

by lamteramoto | 2011-07-14 06:06 | Info d'unrgence 緊急情報